回線の速度も違う?

近頃、光回線業者が高齢者の家を訪問し、勧誘を強引に行ったり、判断力が低下したお年寄りを言いくるめて契約させるなど、光回線の契約に伴うトラブルが増えてきております。
この事態を受けて、総務省では契約より八日以内なら解約できる光回線契約に際し2015年にもクーリングオフ制度を導入する方針を明らかにしたのでした。
wimaxの申し込み時に心配だったのは、回線の速度のことでした。
無線であるので、自分が暮らしている環境にかなり影響されるのはないという思いがあったからです。
本契約以前に、試用してみて実際の速度について見極めることができました。
満足できる早さだったので、即、契約しました。
wimaxのデータ通信であるなら速度の制限がないため仕事でPCを使用する方でも何の心配もなく使用可能だと考えます。
パソコンで通信する場合には、スマホや他のモバイル端末と比較すると、ページ容量も多くすぐ通信量が上がるので通信制限がないのは助かります。
プロバイダを決める際、利用する期間を最低限設けているプロバイダが多くなっています。
キャンペーン特典だけ貰って、すぐに契約解除されたり、他に乗り換えられてしまわないように違約金を掲げているのです。
万が一、途中で解約をする時には、違約金について申し込み前に、確かめてから手続きしていった方がいいでしょう。

プロバイダー契約の注意点とは?【サービス・料金・キャンペーン】